3/13,14 THE BEATBLOODS ライブ報告

 

3/13-飯塚B-Spot、3/14-黒崎ANDY-と2日続きでTHE BEATBLOODS(ザ・ビートブラッズ)のライブがありました。

飯塚B-Spot


 

ここ最近ではかなり久しぶりだった2日連チャンライブ。
またプライベートでもいろいろと忙しかったので、この2日間はかなり内容の濃いものとなりました。
本当はすぐに書きたかったのですが、疲れきってそれどころではなかったです。w

ではまず3/13(土)の飯塚B-Spotのライブ報告から。

今年2回目のB-Spotでのライブ。
今回は常連さんが勢揃いした感じだったので、親近感たっぷりのライブとなり、こちらもすごく楽しめました。
お子様もステージ前でかぶりつきで見ていましたしw
やっぱり月1のこのB-Spotでのライブはバンドとしても、自分にしてもすごく力となるので
大事にしていきたいと思います。
ただ今回は完全にかわいい子供に主役を奪われましたねw

 

続いては3/14(日)の黒崎ANDY

黒崎ANDY

 

ANDYでのライブは今回で2回目。前回は結構緊張して力があまり出せなかったので、今回は結構気合い入ってました。
さらに今回は同じビートルズコピーのバンドが対バンで2バンドいて、そのトリということで
頑張って盛り上げんといかーんと息巻いておりましたw

 

まず最初のバンドはQuattro Bambiniさんという博多のビートルズバンド。
うちのバンドはあまり同系のビートルズバンドと対バンすることがなかったので
4人で楽しく見させてもらいました。
演る曲も似ているし、なんとうちのバンドと同じくジョン・レノンが若者!w
自分より若いジョン役は初めてみたので結構不思議な感じでした。
でも若いのにめっちゃ雰囲気出てたなー。自分が21のころはあんなには歌えなかったw
おちおちしてたら軽ーく追い抜かれそうですね。。頑張らんとw

 

その次のバンドはアコースティックバンド:ボンゴレさん。
その次がうちのバンドだったのであまりゆっくりは見れなかったのですが
ビートルズをいい感じにアコースティックにアレンジしていて心地よい雰囲気でした。
また女性ボーカルがすごくマッチしてて、さらにその女性ボーカルの方がうまい!
自分もアコースティックをたまにするのでとても楽しく聴かせてもらいました。

 

んで、ついにわがTHE BEATBLOODS(ザ・ビートブラッズ)の登場です。w

前の2バンドのおかげで、観客がかなり温まっていたので非常にやりやすかったです。
またANDYのお客さんはみなさん温かいので、普段以上の力を出せたような気がします。
久々に「ジョーン!」、「ポール!」のかけ声がおこったので、こっちも舞い上がってつっ走ってしまいましたw
いやー本当に楽しいライブでした。来ていただいた方、スタッフのみなさん本当にありがとうございました。
来月は4/3(土)にまたやりますので、良かったら是非おこしください!

 

ではこちらがセットリストです。※3/14-ANDY

  • I feel fine
  • She’s a woman
  • From me to you
  • Please please me
  • Ask me why
  • Words of love
  • THis boy
  • Till there was you
  • You know what to do
  • Anna
  • Day tripper
  • Eight days a week
  • I saw her standing there
  • Roll over Beethoven
  • Slow down
  • Sure to fall (In love with you)
  • Girl
  • I’ve got a feeling
  • Dig a pony
  • Band on the run
  • Free as a bird
  • And your bird can sing
  • Birthday
  • I wanna hold your hand※encore


One thought on “3/13,14 THE BEATBLOODS ライブ報告

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">