IE5.5,IE6,IE7,IE8の確認がいっぺんにできる – IETester

July 23, 2009

web屋にとって、厄介な事のひとつ。それはIE(Microsoft Internet Explorer)のハックだ。

まだまだ最低IE6までは考慮しないといけないのが現状。IE8のリリースにより大分IEのシェアは下がってきたみたいだけど、大半がやはりIEを使っている。
自己満足なら自分のブラウザで綺麗に見えていたらそれでいいのだが、仕事となるとやはりそこは見逃す訳にはいかない。(というか見逃すとweb屋とは呼べない。)

ただし、IEはマシン1台に複数のバージョンを持つ事ができない。
IE7入れているならIE7だけなので、それぞれのバージョンを確認するには複数マシンを持っていなければならないのですごく面倒。

そこで役に立つのがIETesterというツールである。

使うにはは上記のページからダウンロードして、インストールするだけと非常に簡単。これでIE5.5,IE6,IE7,IE8,の4種類のレンダリングおよびJavaScriptエンジンでウェブページを確認することができる。

使用条件はWindows XP(SP2以降)またはVistaで、IE7以降がインストールされていること。デフォルトで日本語のインターフェイスで動作する。

ただ完全に信用はできないということなので、簡単にチェックくらいにしておく方がいいかもしれない。

と偉そうな事書いてみたけど、噂には聞いてただけでまだ使ったことはなかったんですよ。w
今日仕事でIE6に悩まされて、初めて使ってみたんだけど、結構使えそう。
今まではIE6の確認に違うマシン使ってたんでかなり面倒だったけど、これのおかげで助かりました。その後本ブラウザでも確認したけどばっちりでした。仕事がかなり短縮できた。

まあwebやってる人は結構使っている人多いだろうね。

誰かMAC版開発してくれないかな〜、多分無理だろうけど、少し期待w

※追記(2010/3/22)

IE6のシェアがついに2割を切ったみたいですね。
chromeがどんどんシェアを伸ばしているようです。

Firefoxユーザ流出進む、Chromeシェア拡大 | エンタープライズ | マイコミジャーナル


Profile picture

Johnny Okafuji
フロントエンドエンジニア / ビートルズバンド Crescendo Four のジョン・レノン担当。/ Love Darts🎯 / 独学でコーチング勉強中 / コーチング関係の記事は note に書いてます。
Twitter: @johnykei
note: https://note.com/johnykei

© 2021 All rights reserved.